彩香スタッフブログ

彩香~SAIKA~は、信頼と安心の"格安海外医薬品"老舗個人輸入代行です!商品情報やお得なキャンペーン情報についてスタッフのナマの声をお届けします。全商品100%正規品を安心保証で送料無料!

彩香 彩香オススメ商品

お水はやっぱり体が冷える!?寒い時は白湯を飲もう!

投稿日:2018年10月12日 更新日:

皆さんこんにちは、彩香です。

前々回のブログ以来、水を飲んでその健康作用にあやかろうとした彩香スタッフですが、仕事をしながら、水を飲んでいたところ、水の思わぬ弱点を発見してしまいました。

 

「サムイ・・・」

 

そう、寒い。ただでさえ冷え性なのに、水を摂取することで更に悪化してしまいました。そして、そんなに量は飲んでいないのです。午前中で飲んだ水は500mlのみ。

一日の目安としている1.6リットルの三分の一以下!これではとてもではないですが、目標を達成できそうにありません!続けられてもなんだか逆に不健康になってしまいそうです!

そもそも寒がりで、冬に全然水分を摂取しないことから危うく脱水症状になりかけたこともある彩香スタッフ。事は深刻です。女性ならきっと、同じ悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

 

体調を崩しては本末転倒なため、彩香スタッフは冷水から白湯に切り替えることにしました。白湯ってただのお湯にしては、水よりなんだか健康的なイメージありますよね。

 

実際、白湯と冷水、どっちを飲んだ方が健康的かつ美容にも良いのでしょうか?

今回は冷水と白湯の働きの違いを追っていきたいと思います!

 

白湯のメリット

まず白湯は、一度沸かしたお湯を冷ましたもののため、ただの水よりも、中の不純物が少ないとされています。また、温度が高いので内臓を温め、血行促進の働きが期待できるとのこと。

目覚めの一杯を自ら白湯に変えれば、内臓が温まって朝ごはんも消化されやすくなるかもしれませんね!

冷水のメリット

冷たい水は吸収が早いといわれています。そのためスポーツ中の脱水症状の防止には冷たい水がいいわけですね。ただし、胃腸に負担が掛かることはお忘れなく。

 

つまりは、暑い時や汗をかいたときは体の欲求に従って冷たい水を。

それ以外は白湯で胃腸の負担をやわらげ、内臓を温めてあげると良いということですね!

たしかに、暑いと感じる中で暖かいものを飲んだり食べたりするのは、自律神経の乱れに繋がってしまいます。もちろん逆もしかり。

 

つまり、運動をさぼって汗もかかず、仕事中もずっと空調がきいた中にいる彩香スタッフがこれからの季節に飲むべきは白湯!

 

そう、白湯です!

 

そんなわけで、彩香スタッフは継続して白湯を飲むことにします。

ただし、白湯は水のようにガブガブ飲んではいけません。

800~1000ml、つまりはコップ4~5杯が目安のようです。

しかしこの間書いた水の記事で、人が一日に必要な水分量は1200mlと書いたので、残り200ml~400mlは、暖かいお茶でも飲んで補充することにします!

 

彩香スタッフが白湯を続けてなにか健康的になったり美しくなったりしたら、また報告しますね。

それでは、今日はこのへんで!

-彩香, 彩香オススメ商品
-, , ,

関連記事

モデルアイズオリジナルアイマッサージャーを今ならプレゼント♪

皆さんこんにちは♪彩香です♪   今日は皆さんにとってもお得なお知らせがあります!   なんと只今 彩香では、メーカー様の協賛をいただき、 MODEL EYESモデラッシュをご注文 …

続きを読む

彩香で8000円以上ご注文の方にオパシー3層マスクプレゼント中!

ただいま彩香では、8,000円以上ご注文いただいた方に!オパシー3層マスクを無料プレゼント中♪ふつうサイズと、小さめサイズの二種類から選べます♪ ※合計金額が8,000円以上の場合、同時にマスクの注文 …

続きを読む

外に出られない今!ゲームとかどうでしょう!特に一人暮らしの人!

皆さんこんにちは、彩香です。   今回は、悲しいニュースが相次ぐ中で、毎日を不安と共に過ごしている一人暮らしの方向けの記事です。   コロナの影響で外に出られず、気が滅入るニュース …

続きを読む

あなたのキレイをInvyが応援!

皆さんこんにちは、彩香です。 6月も後半に差し掛かり、 もうすぐ本格的な夏がやってきますね。   しかーし! 暑く開放的な夏で、肌の露出が多くなるこの時期は、 女性にとって色々と苦労が絶えな …

続きを読む

モリンガで美しく、健やかに♪

こんにちは、彩香です。 突然ですが皆さん、「モリンガ」ってご存知ですか?    (和名:ワサビノキ) モリンガは、インド原産でアフリカ、アジア、中南米などの熱帯・亜熱帯地域に育つ樹木。「生命 …

続きを読む